Moi Suomi


日本とフィンランドの交流を深め、新たな価値観を生み出すことがMoi Suomiの最大の目標です。両国の交流や情報交換をおこない、「企業と企業」、「人と人」、「文化と文化」、「技術と技術」、「情報と情報」を繋ぐことにより、新しいイノベーションの創造を目指します。フィンランド語を多くの人に覚えていただくこともMoi Suomiの大きな課題です。フィンランド語を覚えることによって、フィンランドの文化やライフスタイルなどを深く知ることができます。フィンランドのことを少しでも身近に感じていただけるよう、活動しています。 

「Moi」はフィンランド語で「やぁ」を意味します。「Suomi」は「フィンランド」を意味します。

プロフィール

Matti (マッテイ)


少年時代


幼い頃の趣味「空手」

僕は1988年6月に大阪の福島で生まれました。

生まれて初めて話した言葉が「Juna」、フィンランド語で「電車」という意味です。

幼い頃の趣味は空手と釣りでした。釣りは今でも大好きで、続けています。

子供の頃はフィンランド人の母に似ていましたが、大きくなっていくとともに日本人の父に似てきました(何だか不思議に思う)。

フィンランドへ引っ越すきっかけ


クラスメイトの「お別れの手紙」

両親が離婚してから母とフィンランドへ引っ越すことになりました。当時、僕は10歳でした。

日本に居る家族と仲の良い友達との別れは、世界が変わるような環境の変化でした。未だにその辛さと悲しさを覚えています。

そのうえ、当時の僕はフィンランド語が全く話せなかったです(初語はフィンランド語でしたが)。

フィンランド生活の始まり


移民教室

フィンランドに引越してからは、フィンランド語を覚えるために、移民教室で外国人の児童たちとフィンランド語を学び始めました。

様々な国の生徒がいてて、とても賑やかなクラスでした。

フィンランド人のクラスに転校


フィンランドの小学校

フィンランド語を身に付けるのに半年間かかりました。

子供は言葉を覚えるのが非常に早いと後から思います。

フィンランドの小学校は日本の小学校と異なり、授業の内容は非常にアクティブ。

例えば、英語の授業で歌を歌ったり、体を動かしながらアクティブに英単語を勉強します。

林業の専門学校へ


林業道具

フィンランドで小中学校を卒業した後は、クラスメイトと違って、自然資源と言う自然や林業の知識を学べる専門学校に入りました。

同級生は高校に入ったり、営業やIT専門の職業学校に入学しました。

この専門学校を選択した理由は、早く仕事がしたかったからです。そのうえ、釣りやアウトドアが趣味であったことも影響していました。

林業生活


フィンランドで林業として働く

専門学校を卒業したあとは、林業をしていました。

林業の仕事は力仕事で色々大変な時もありましたが、自分の責任感と我慢力を高めることができた気がします。

それから、フィンランドの大自然の中で働けて様々な景色を楽しめました。

兵役に入る


兵役の写真「残りの兵役期間がゼロ」ポーズ

フィンランドには18歳になると兵役の義務があります。軍隊警察、いわゆる MPとして9か月間の義務を果たしてきました。

フィンランド生活の中で日本語を使う機会が全くなかったので、完全にこの頃は日本語を忘れていました。

自分が生まれ育った国の言葉を忘れたことが自分にとって悔しくて、日本に戻って日本語を勉強する目標を立てました。

日本での就職


日本で就職

日本語を勉強するため、11年ぶりに日本に戻り、兵庫県のホテルで1年半働きながら日本語を勉強しました。

日本にいる家族と再会でき、嬉しかったです。

今まで自分が働いてきた職場の環境と全く異なり、言葉もうまく話せず苦労しましたが、林業の仕事や兵役での経験を活かし、乗り越えることができました。

そこで僕が実感したのは、職種にも関わらず、すべての仕事での経験は大切だということです。

日本語を再び身に付けたあとは、フィンランドに帰国しました。

勉強をやり直し大人高校で学ぶ


大人高校卒業

僕は幼い頃は勉強が苦手でした。

日本で働いていた時に勉強の大切さに気づきました。そして、大学に入る目標を立てました。

まず、大学に入るためには、大人高校に入ることが必要でした。

フィンランドでは、一度社会人を経験した人が勉強するための高校があり、それをフィンランド語で大人高校といいます。

ちなみに、フィンランドで高校を卒業したら白い帽子を貰います。

企業を設立する


アウトドア関係の事業

大人高校を卒業したあとは、専門学校の同級生と宿泊施設サ-ビスの企業を起こしました。

自分の趣味を仕事にし、お客様が魚を釣って喜んでもらえたことが嬉しかったです。

それから、企業の再建などを手がけ、 フリーランサー としてフィンランド語の通訳やガイドの仕事をしていました。 

現在


日本とフィンランドの架け橋に

Centria応用科学大学に入り、社会人がオンラインで学べるプログラムで経営学を専攻として学びました。

日本に10年ぶりに戻り、生まれ故郷である大阪の桃山学院大学に留学しました。 

大学卒業後は、日本とフィンランドの掛け橋となる仕事を実現させるため、Moi Suomiを設立しました。

Moi Suomiを運営しながら、ヴァーサ大学で戦略的ビジネス学の修士課程に在籍しました。

多くの日本人の方々にフィンランドの文化やライフスタイルを伝えるのが夢です。